読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

358TVの徒然日誌

Youtubeでお馴染みの358TVがお届けするロードバイク生活日誌/国府宮自転車倶楽部日誌です。日日の雑談、自転車情報を軸に国府宮自転車倶楽部のお話なんぞも含めて。はだか祭りでおなじみロードバイクシティーいなざわ在住

パンターニという海賊の話。

「水だけ飲むだけでは勝てないんだ」

 

世界はマルコ・パンターニを、10年ちょっと前まで存在させていました。

 

f:id:ikeda31:20160107113835j:plain

 

アダ名は海賊。プロロードレーサー。クライマー。

 

プロレースでは通算36勝、ジロ・デ・イタリアツール・ド・フランスも両方を手中に押さえて、いわゆる「ダブルツール」。

 

世界最強のクライマーであり、今で言うところの超サイヤ人3型の坂道くんと言っても過言ではないでしょう。誰も相手が出来ない。

 

そんな時代

 

彼の時代は今から15年ほど前。その頃、さまざまなドーピング問題が勃発しまくった自転車レース業界が表に出てしまった時代でした。

 

ランス・アームストロングというツールを幾度と無く収めたスーパースターもその一人。

 

そしてそのライバルである海賊もその一人。

 

ツール・ド・フランス7連覇のランスの優勝は全て無に。

 

そういう歴史が今の自転車業界の根底にある、というのは揺るぎない事実でしょう。

 

今現在の某国のレーサーが強すぎるほど強いのと繋がっている、でしょう。

 

f:id:ikeda31:20160107114132j:plain

 

そんな歴史を踏まえて、

 

マルコ・パンターニの映画が名古屋で上映されます。

 

www.pantani.euro-p.info

 

今池近くの単館で上映されるそうで、

 

これは押さえておきたい映画、といえるでしょうね。

 

 

孤独に世を去ったマルコ・パンターニのことが知りたい。

 

f:id:ikeda31:20160107114554j:plain

 

自転車の海賊がどういう歴史を辿ったのか、少なくとも僕は知ってみたい。

 

そんなことを思った正月でした。

 

youtu.be

 

さてさてさてさて

 

正月前から静かにしている稲沢国府宮自転車倶楽部ですが、

 

間もなく始動の予定です。

 

まずは1月8日金曜日の新年会を国府宮駅前にて。

 

HBNさん、準備ありがとうございます!

 

その後、走りだす予感。

 

流動的ながら一本線は通っている、

 

それが稲沢国府宮自転車倶楽部なのです。