358TVの徒然日誌

Youtubeの自転車と大食いでお馴染みの358TVがお届けする徒然日誌です。日日の雑談と振り返り、自転車情報や食事の情報軸に国府宮自転車倶楽部のお話なんぞも含めて。文章をお楽しみ下さい。

ピレリのロードバイク用タイヤの話

ピレリ、と聞くとやっぱりスッと頭に浮かぶのがレーシングタイヤ。F-1などのモータースポーツでビュンビュン走り込むイメージが先行します、ビュンビュン。

 

 

 

ども!358でございます。

 

先日からサイクリスト等のニュースで駆け抜けておりますが、そんなピレリのタイヤが満を持してロードバイク界に颯爽と時速300キロの世界をバックボーンに入って参りました。

 

PIRELLI

 

f:id:ikeda31:20170826120936j:image

 

今回、ロードバイク用に用意されたタイヤは3種類。それぞれがそれぞれに特徴をもつタイヤで、用途によって使い分ける感じに展開をしています。

 

さて、このタイヤを見る限り着目すべきは「価格」、プライスです。

 

設定としては最初から他メーカーの高級タイヤに真っ向から勝負をしたそれこそF-1並の攻め設定。

 

コンチネンタルGP4000S2や、パナレーサーRACE EVO、さらにミシュランPOWER、ブリヂストンR1Xなどのバリバリのモータースポーツタイヤメーカーなどが熾烈な陣地争いをする中に飛び込んだ、というところにピレリの本気具合が見え隠れしております。

 

すでに市場に投下され始め、少しずつレビューも届いておりますが、概ね聞いた限りのリアル評価としては星3.8あたりからのスタート。

 

「なかなか悪くない」「あまりイジメなければ素晴らしい」「走り心地はまろやか」

 

例えとして「タイヤにうるさい」ユーザーを納得させる事が一応出来ている模様で。

 

そうなって来ると、実際に使いたくなるのが人のサガ。ちょうど僕の使っているパナレーサーのRACE D EVO3もひび割れが随分と入り替え時。

 

 

 

人柱、やってみようかしら?

 

23Cがメインだったロードバイクタイヤが、気がついたらほぼ25Cがサードインパクトの後の世界の様に完全に地図を塗り替えた様に、何が始まって何が終わるのかがわからないこの世界。

 

何れにしてもあのピレリロードバイクのタイヤに勝機を見出しているという事実。

 

タイヤに限らず、こう言う新しい「新技術」「新参入」に手近に触れられるのがロードバイクの良いところ、やわね。

 

と言うところで、

 

また、次の記事でお会いしましょう!シュタッ!

 

 

 

◆358TVのツイッターです。フォロミー↓

twitter.com

 

Youtube動画は下をご覧ください。新鮮な驚きをどうぞ!

www.youtube.com

 

◆稲沢国府宮自転車倶楽部のジモティーとスポやろです。「一緒に自転車で走りたい」そんな皆さんをお待ちしております。

【女性メンバー急上昇】あの国府宮自転車倶楽部がメンバー募集です (358さん) 国府宮のその他のメンバー募集・無料掲載の掲示板|ジモティー

女性メンバー急上昇中!【国府宮自転車倶楽部】がメンバー募集です|スポーツやろうよ!