358TVの徒然日誌

Youtubeの自転車と大食いでお馴染みの358TVがお届けする徒然日誌です。日日の雑談と振り返り、自転車情報や食事の情報軸に国府宮自転車倶楽部のお話なんぞも含めて。文章をお楽しみ下さい。

358TVのロードバイク話、第2話。

 

 

f:id:ikeda31:20161003045129j:plain

 

まず、僕から言いたいこと、

 

それは

 

 

 

これからたくさんの人達と、一緒にホイールを廻して行こうと考えている、ということ。

 

知っている知らないの2つの極点があるとして、自分の家の横の家の人達と多くの接点がある、という人は、今僕達の生きている世界には多くない。

 

そんな中、

 

ありがたいことにたまたま偶然が重なった。

 

f:id:ikeda31:20161003045203j:plain

 

いろんな制限があるこの世界だけど、自転車に跨って、走っている間は少なくとも自由だ。

 

自由。

 

自由というのは、制限と無制限を包含している。

 

ここでいう自由は

 

開放されている、という部分だ。

 

己の集中を色んな角度に向けられる。

 

好きに使って良い、フリーな集中力が手元に手に入る。

 

表現も自由だ。

 

それは例えば前を走る人に追いつくために

 

それは例えば走る横に生えている草花の美しさを見るために

 

それは例えば普段手元にない景色を手に入れるために

 

それは例えば自分と向き合うために

 

それは例えば習慣として

 

いろんな制限があるこの世界だけど、自転車に跨って、走っている間は少なくとも自由だ。

 

f:id:ikeda31:20161003045313j:plain

 

ほうら、

 

まずひとつ大きな理由が手に入った。

 

 

 

それは例えば走らないことを逆に始点として、大きく溜めて吐き出すために。

 

これが今の僕だ。

 

開放を待っている状態。

 

それもまた良し。結果論的に言うならば、全て良しなのだ。上向くことがあれば下向くこともあり、すべてを包含した上で人生は進んでゆく。

 

 

 

 

そこの一つのピースに自転車がたまたまあることに感謝すれば良い。

 

それで十分だ。

 

そして

 

f:id:ikeda31:20161003045243j:plain

 

次の理由、これも大切だ。